おひとりさまBLOG

【断捨離】理由があれば捨てられる

time 2018/05/08

【断捨離】理由があれば捨てられる

断捨離の相談を受けていてよく言われるのが、

「先生なら簡単に捨てられるんですよね」

という言葉。

今回はこの言葉についてお話しします。

sponsored link

理由があれば捨てられる

「先生なら簡単に捨てられるんですよね」と言われたとき、「簡単に捨てているのではなく、私には捨てる理由があるから捨てています」と答えます。

理由1:具体的な部屋の理想像を考えている

ほとんどの方が「部屋には寝具やテレビやテーブル、台所には冷蔵庫とかレンジを置いて・・・」など、必要なものは考えたことがあるけれど、自分がどんな部屋に住みたいのかと考えたことはないと思います。

もしリゾート風をコンセプトにしている部屋にパイプ棚があったら変ですよね。

もし欧州風な部屋に中華風な物が合ったら浮きますよね。

私は一貫して「白を基調としたシンプルな部屋作り」をコンセプトにしているので、

  • その場の間に合わせで買った物
  • 部屋のコンセプトに合わなくなった物

は躊躇なく捨てられます。

理由2:買う時からその物の使用期限を決めている

私は物を買う時から使用期限を決めています。

最短で半年、最長で3年です。

使用期限の決め方は、物の値段で決める時もありますし、物の種類で決める時もあります。

特に下着はどの値段で買ったとしても半年と決めています。

ただし、例外があり

  • メンテナンスできるもの(靴、鞄などリペアして使える物)
  • 本当に気に入っているもの(捨てる理由がない)
  • 高価であり、長期間使用できるもの(家電、高価なアクセサリーなど)

など、使用期間を考えずに使っている物もあります。

理由3:物の寿命だと思って捨てている

これは理由2につながりますが、捨てるときに「もったいない」とか「まだ使えるかも」と思うのは、その物を寿命まで使い切ってない証拠です。

理由2で使用期限を決めていると、だいたいその頃にその物に寿命がやってきます。

Sponsored Link

理由4:本当に必要なものだけを買うようにしている

捨てる物のほとんどはもともと「買った物」です。

買うときに自分がどういう気持ちで買っているか。

  • 安かったから買った
  • 今買わないと手に入らないから買った

などなど、なんとなく買ったものは大抵寿命まで使い切らずにしまい込むことが多いです。

寿命まで来てない、けど使うはないということは物を生き殺ししていることと同じです。

理由5:捨てたくない物だけを残す

これは逆転の発想ですが、私が思う「シンプルでシックな部屋」とは

自分が気に入っている物、大好きな物だけで構成された部屋

何だと思っています。

なので、最終的には捨てる物がない部屋で暮らすということがいいのではないかと思っています。

そうなるために、自分が何が好きなのかを常に考えるようにしています。

 

いかがでしたか?

捨てる理由を作るというのはお金がかからないシンプルで簡単な方法かと思います。

自分の部屋なので、自分がしたいように好きなような部屋のコンセプトを決めてくださいね。

ブロトピ:今日のブログ更新ブロトピ:更新したらブロトピに投稿しよう♪ブロトピ:アクセスアップのお手伝い!ブロサーあんてなにあなたも入会してみないか!


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

down

コメントする




CAPTCHA


Powered by RSSリスティング

記事を書いてる人

こーちゃ

こーちゃ

おひとりさまライフを充実させるべく、日々奮闘中。 現在、「おもしろおかしく、自分自身を楽しむ」に夢中です。



カテゴリー

スポンサードリンク