おひとりさまBLOG

【断捨離】断捨離は人生を変えるとは本当か

time 2018/02/09

【断捨離】断捨離は人生を変えるとは本当か

気が付けば断捨離歴15年を迎えていました。

ここまで続ける気はなく、意識もせずにゆる~くやってきたので、逆に15年も続けて来られたのかなと思います。

そこで私が”もし断捨離をしていなかったらどうなっていただろうか”ということを考えてみたいと思います。

sponsored link

断捨離は人生を変えるのは本当か

私が断捨離に目覚めたのは20代前半、部屋にあった物をみて

「これらは私にとって必要のない物だ」

と感じたことがきっかけでした。

では、もしその時そう感じていなかったらどうなっていたでしょうか。

1、執着心まみれの人生だった

断捨離はただ物を捨てるだけではありません。

  • また使うかも
  • 捨てるのもったいない
  • もう手に入らないかも

などなど、物に対しての執着や過去に対しての執着を捨てることです。

でも、これらに執着していても未来は少しも良くならない。

物は捨てたとしても困ることはほとんどない、むしろ物を捨てたメリットの方が大きいということが分かれば、物に対しての執着も薄れます。

でも、そんなことが分からないままだったとしたら私は過去の思い出や使わない物に囚われたまま、未来のことに少しも目を向けることはなかったと思います。

2、人間関係に疲れ切った人生だった

人間関係も執着が関係しています。

  • あの人が自分の思う通りにならない
  • あの人に嫌われたくない
  • あの人に悪口を言われる

人間には承認欲求があり、それは他人に認められた場合に満たされます。

この承認欲求を満たしたいという執着が捨てられないと、「どうしてこうなってしまうんだ・・・」と心が疲れ切ってしまいます。

そんな執着に意味はない、ただ自分の心を満たしたいだけだと気が付けば、疲れしか生まない人間関係に関心がなくなります。

自分と仲良くない人と無理やり仲良くするよりも、本当に心が通じ合える人と仲良くしていた方がストレスも少ないですし、人の悪口を言ったり無視してきたりする人は勝手に自爆しています。

3、浪費してばかりの人生だった

買い物をしていてかわいい物やかわいい服を見ると思わず買ってしまいたくなりますね。

いわゆる衝動買いです。

でも、衝動買いをしてもけっきょく着る機会のない服、使うことのない小物などがあったり、という経験をされた方は結構いると思います。

私もその一人でした。

でも断捨離を繰り返していると

買う時から断捨離は始まっている

ということが分かってくるんです。

物を捨てるときはたいがい「古くなったから」とか「壊れたから」とか捨てる理由が付いてくるものですが、捨てる理由がないのに捨てることになってしまった時はしょうもない理由が付いてきてしまいます。

  • あの時はかわいいと思ったから買ったのに、今はそうでもない
  • あの時は安いと思って買っただけだったから使っていない
  • あの時はなんとなく買ってしまっただけだった

こんな理由でお金を浪費してることこそ断捨離とは大きくかけ離れた考え方です。

そう気づいたときから、お金を正しく使えるようになっていきました。

Sponsored Link

4、優柔不断な人生だった

私はけっこうな優柔不断でした。

飲食店に入ってもなかなか決めらず、注文した後も(やっぱり別の物にすればよかったかも)と思うタイプでした。

断捨離は「捨てる・残す」の二択です。

二択を先延ばしにしてもかならずしわ寄せがやってきます。

しわ寄せがよい結果を生むことがないと分かれば、決断を迫られたとき答えを出してしまったほうがあとあと楽になることが分かりました。

また、選択したものにたいして「ぜったいに後悔をしない、するなら解決方法を考える」ということも決断しました。

5、離婚せずにずるずると結婚生活をしていた

私が離婚を意識したのは「こんな旦那についていったら私の人生ろくなものにならない」と思ったからでした。

私の元旦那は良い人でしたし楽しいこともありました。

DVや借金や浮気などがあれば離婚に対して躊躇しなかったかもしれませんが、楽しい思い出などもあるとなかなか結婚生活を終わらせることができませんでした。

でも、冷静になり

  • 旦那との過去の思い出に執着していること
  • 一緒にいて心疲れない人ではなくなってしまったこと
  • この人といて未来になんの希望もないこと

と考えるようになりました。

もし、私が断捨離をしていなければ、いまだに過去の楽しい思い出にすがり「またきっとあんな楽しい日がやってくる」と思いながら結婚生活をずるずると続けていたと思います。

15年間断捨離を続けて

冒頭でも言いましたが15年続けようと思って続けたわけではないですし、

「断捨離で人生を変えてやる!」と意気込んでやっていたわけではありません。

ただ物に限らず人間関係、仕事、お金、心、精神、思考などなどに

執着を捨て、

自分にとってこれが良いと思うものだけを残す

ということを、やってきただけだと思います。

掃除をし続ければシンデレラのように魔法使いが目の前に現れてドレスを着させてくれるわけはありません。

ただ、この15年で思うのは「ああ、あの時、断捨離に目覚めてよかったなな」と思うことだけですね。

ブロトピ:今日のブログ更新ブロトピ:更新したらブロトピに投稿しよう♪ブロトピ:アクセスアップのお手伝い!ブロサーあんてなにあなたも入会してみないか!


 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

down

コメントする




CAPTCHA


Powered by RSSリスティング

記事を書いてる人

こーちゃ

こーちゃ

おひとりさまライフを充実させるべく、日々奮闘中。 現在、「おもしろおかしく、自分自身を楽しむ」に夢中です。



カテゴリー

スポンサードリンク