おひとりさまBLOG

【レビュー】スマホ料金を抑えるために私がしたこと ~調べる編 前~

time 2017/06/25

【レビュー】スマホ料金を抑えるために私がしたこと ~調べる編 前~

過去に出費の断捨離として

こんな記事を書きました。

今回はスマホの料金を抑えたいと思います。

sponsored link

スマホ料金を抑えるために色々調べてみた

出費を抑えるために食費を抑えたりという方法もありますが、効果的で永続性がある出費の抑え方は

ランニングコストから手をつける

です。

ランニングコストは一度安くすれば後はほおって置けばオッケーですから、かなり効果的な出費の断捨離になります。

今回は毎月1万円ほど支払っているスマホ料金を安くすることにしました。

安くする方法はなにがあるか

安くする方法を調べてみると2パターンあることが分かりました。

  1. 通話用のガラケー+通信用スマホの2台持ちにする
  2. 格安SIMに乗り換える

1.は通話用のガラケーを持つことでガラケーの通話料金プランが使えるということと、通信用スマホをポケットWIFIかデータ用の格安SIMに契約することで料金を抑えられます。

2.は格安SIMの通話+データ通信プランを契約します。

メリット デメリット
通話用ガラケー

+

通信用スマホ

2年縛り中の場合は機種変更になるので、違約金を払わなくていい。

携帯で話しながらスマホで調べ物が出来る。

通話は大手キャリア契約のままなので安定している。

2台持つので管理が大変。

ポケットWIFIを持ち歩く場合はさらに荷物が増える。

ポケットWIFIだと圏外になる場所が多い。

通信SIMは通信が安定しないことがある。

格安SIM 持ち歩くのは1台で済む。

大量通信プランも安い。

思ったほど乗り換えは難しくない。

2年縛り中の場合は、違約金が発生する。

通信が不安定なときがある。

素人の私が思いつく限りでもメリット、デメリットはこれだけあるのではないかと思います。

Sponsored Link

実際どれくらいの料金になるのか

通信量や通話代、オプションなどをつけると料金は変わりますので、一番最低プランで比較します。

私はauユーザーなので、auの料金を参考にします。

料金
通話用ガラケー

+

通信用スマホ

プランEシンプル 743円/月

EZ WIN/IS NET 300円/月

合計 1,126円(税込)/月

※機種代含まず

格安SIM(通話+データ) 約1400円~

ガラケー+スマホのほうは機種代が入っていないので、結局は同じくらいの料金になるでしょう。

でも、どちらを選んでも現在のスマホ料金1万円からかなり安くなるのでお得ですね。

メリット、デメリットを比べて自分にあった方を選ぶといいと思います。

ガラケーの手に入れ方

以前からスマホ代を安くしたいと思っていましたが、実は私は現在2年縛り中なのでなかなか行動に移せませんでした。

ところが、スマホからガラケーに機種変更することは違約に当たらない、つまり違約金を払わなくて良いとわかったためガラケーの機種変について調べみてみました。

しかし、ガラケー代が高くなってしまったら通信代を抑えても意味がありません。

そこで目をつけたのが

白ロム

白ロムなら安いと2000円で手に入るようです。

白ロムを手にいれてauショップに持ち込めば、ガラケーがつかるようになるとの事で早速白ロムを探してみました。

しかし、白ロムは機種がかなり限られてしまいます。

世の中に出回っている白ロムは過去に作られた未使用品か、過去に使用された中古品になってしまうので、自分の好みで機種を選ぶことは出来ません。

「電話が出来ればよい」という方はそれでも良いかもしれませんが、「手に持つものにこだわりたい」という方は向きません。

私も白ロムの安さには魅かれましたが、ピンときた白ロムがなかったため格安SIMの検討をすることにしました。

 

では次回は格安SIMについてお話しします。

ブロトピ:今日のブログ更新ブロトピ:更新したらブロトピに投稿しよう♪ブロトピ:アクセスアップのお手伝い!ブロサーあんてなにあなたも入会してみないか!


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

down

コメントする




CAPTCHA


Powered by RSSリスティング

記事を書いてる人

こーちゃ

こーちゃ

おひとりさまライフを充実させるべく、日々奮闘中。 現在、「おもしろおかしく、自分自身を楽しむ」に夢中です。



カテゴリー

スポンサードリンク