おひとりさまBLOG

【レビュー】浄水ポットとウォーターサーバー、ミネラルウォーターの違い

time 2017/05/13

【レビュー】浄水ポットとウォーターサーバー、ミネラルウォーターの違い

人間には欠かせない水。

水は毎日飲むものなので、こだわりたいですね。

今回はBRITAの浄水ポットを手に入れたのでそのレビューです。

sponsored link

美味しいものには手間がある BRITA アルーナ2.4L

うちにはウォーターサーバーがあるのですが、以前からBRITAの浄水ポットも気になっていたんですよね。

興味を持ったものはとりあえず試してみたい性分なので、以前コストコに行った時、思い切って買ってみることにしました。

ブリタ1

BRITA アルーナ 2.4Lと 替えカートリッジです。

BRITAとは

カートリッジに水が通ることで水がろ過できるポット型の浄水器です。

ろ過効果

浄水能力:JIS S 3201での試験結果
遊離残留塩素(総ろ過水量300L、除去率80%)
溶解性鉛(総ろ過水量300L、除去率80%)
総トリハロメタン(総ろ過水量200L、除去率80%)
2-MIB(かび臭) (総ろ過水量300L、除去率80%)
CAT(農薬) (総ろ過水量300L、除去率80%)
テトラクロロエチレン (総ろ過水量300L、除去率80%)
トリクロロエチレン (総ろ過水量300L、除去率80%)
1.1.1-トリクロロエタン (総ろ過水量300L、除去率80%)
クロロホルム(総ろ過水量300L、除去率80%)
ブロモジクロロメタン(総ろ過水量300L、除去率80%)
ジブロモクロロメタン(総ろ過水量300L、除去率80%)
ブロモホルム(総ろ過水量300L、除去率80%)

小さなカートリッジでこれだけの量がろ過されるようです。

またカートリッジの寿命は2ヵ月とあるので、2ヵ月の間これらをろ過し続けてくれると思うと、かなり心強い感じですね。

開封

中には

  • 本体(タンクと水受け部)
  • ふた
  • カートリッジ 1つ
  • 取扱説明書(下の写真には写ってません)
  • ご使用の準備(紙)

が入っています。

ブリタ3

準備

「カートリッジを取り付けて水入れればすぐ飲める」と思っていましたが、その前に準備が必要との事。

ブリタ4

1、本体を洗いカートリッジを水に沈める

ブリタ5

カートリッジを水に沈めると泡が10秒ほどブクブクでます。

カートリッジの中はどうなってるか分かりませんが、例えばスポンジが水を吸ったような感じで、カートリッジが少し重くなりました。

2、2回ろ過して水を捨てる

カートリッジ内の活性炭の微粒子を洗い流すため、2回ろ過して水を捨てます。

水のろ過は少し時間がかかります。フィルターでコーヒーを落とすくらいの時間でしょうか。

動画を取ったので、ぜひ参考にしてくださいね。

カートリッジ上の水受け部に一度水を溜めて、カートリッジが通った水が下のタンクに落ちて行きます。

下のタンクを一杯にするには、上の水受け部に2回給水が必要ですね。

3.飲む用の水を入れる

飲む用の水を入れますが、作業内容は2と同じです。

ブリタ7

下のタンクに浄水された水が溜まっています。

浄水前の水が水受け部にまだ残っていますが、これ以上は浄水されないようです。

一度に浄水される量が分かれば効率的に水が使えるかも。

Sponsored Link

4.蓋をしてインジケーターを作動する

インジケーターとは蓋に付いているカートリッジの使用期限を表示する黒いメモリですね。

「START」を長押しすると黒いメモリが表れるので、2回点滅したら手を離します。

1メモリが2週間を表していて、4つのメモリが消えたらカートリッジの替え時という目安になります。

カートリッジを交換した日付を覚えなくて良いので楽ですね。

ブリタ9

浄水された水を飲んでみる

早速浄水された水を飲んでみました。

「これは・・・確かに美味しい!」

正直あまり期待はしていませんでしたが、水道水のえぐさはまったくなくなっているので、飲みやすくなっています。

ウォーターサーバーとどっちが美味しいかとなると、私はあまり差がないように感じます。

浄水ポットとウォーターサーバー、ミネラルウォーターを比べて

BRITAが水道水を美味しくするのはわかりましたが、気になるのはウォーターサーバーやペットボトルのミネラルウォーターと何が違うのかですね。

私の感想ですが、感じた違いを表にしてみました。

BRITA ウォーターサーバー ミネラルウォーター
値段 本体が3000円ほど。

カートリッジ1つ1000円前後。

(2ヵ月使用なので、一月500円ほどのコスト)

初期費用とランニングコスコがかかる

一月3000~4000円。

本体はレンタルなのでタダというメーカーは多いが、毎月水代がかかる。

安いところだと2L 90円で買える。

他の方法に比べて一番安く、ランニングコストもなし。

デメリット 水道水をくむ必要がある。

2ヵ月ごとのカートリッジ交換。

カートリッジの保管スペースが必要。

ろ過に時間がかかる。

 

サーバーを部屋に設置するスペースが必要。

水のタンクを保管するスペースが必要。

音が気になる人はサーバー音が耳障り。

重い水のタンクを交換しなければならない。

毎月送られてくる水を受け取らなければならない。

料理で大量には使えない。

 買い物が大変。(通販で買えば少しは楽)

ストックをチェックしておく必要がある。

ストックを多めに買う場合は保管スペースが必要。

料理で大量には使えない。

メリット タンクの大きさが色々あるので、自分の好みに合ったサイズを選ぶことが出来る。

水を買わなくていいので買い物は楽。

料理でも大量に使える。

水道水が美味しくなる。

水を買わなくていいので買い物は楽。

熱湯、冷水がすぐ飲める。

災害時にあると、心づよいかも。

 一番安い方法。

開封しなければ、長く保管ができる。

災害時に役立つ。

思いついただけでもこれだけあるかと思います。

  • BRITAはランニングコストはあるが、料理などで大量に使えるというメリットがある。
  • ウォーターサーバーは高いが、熱湯、冷水がすぐ飲めるというメリットがある。
  • ミネラルウォーターは一番安いが、買い物のときに重くて大変というデメリットがある。

それぞれ一長一短なので、自分の好みでチョイスしてみてくださいね。

 

いかがでしたか?

水はこだわるといろいろあるので、ぜひ自分に合ったものを探してみてくださいね。

ブロトピ:今日のブログ更新ブロトピ:更新したらブロトピに投稿しよう♪ブロトピ:アクセスアップのお手伝い!ブロサーあんてなにあなたも入会してみないか!


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

down

コメントする




CAPTCHA


Powered by RSSリスティング

記事を書いてる人

こーちゃ

こーちゃ

おひとりさまライフを充実させるべく、日々奮闘中。 現在、「おもしろおかしく、自分自身を楽しむ」に夢中です。



カテゴリー

スポンサードリンク