おひとりさまBLOG

【レビュー】3分で出品!メルカリに出品してみた~出品編~

time 2017/03/03

【レビュー】3分で出品!メルカリに出品してみた~出品編~

断捨離をしていると捨てられない候補の中に「未使用品」というものがあります。

未使用品とは「買ったのに一度も使用していない物・未開封の物」になります。

使わないけど、捨てる段階になると「一度も使ったことがないしな・・・」とか「使えるものを捨てるのはもったいないな」と思ってしまいますよね。

そんな時に便利なのがオークション出品です。今回はメルカリの出品についてお話しします。

sponsored link

スマホがあれば大丈夫!3分で出品可能のメルカリを紹介!

実は私は昔、某Yオークションを利用して未使用品やまだ使えるものを出品していました。

ただ、こっちのオークションは手間が多かったんです。

  1. 出品したい物をデジカメで撮影
  2. デジカメの画像をパソコンに取り込み
  3. 画像を使用して出品
  4. 売れたら入金の有無を確認
  5. 商品を梱包して宅急便の発送窓口に持っていき
  6. 伝票を記入

ざっと書いただけでも6ステップの手間がかかっています。この他に落札者とのやり取りがあったりすると、売上金額に比べても手間賃のほうがとても大きく感じていました。

当時はまだオークションが始まって間もない頃で便利な機能が少なく「オークションで取引をする手間>>>>>>>捨てる手間」だったんです。

ですが、時代が進みスマホアプリで一気にオークションの手間がかなり少なくなりましたね。

それ以来、私はメルカリを利用して「まだ使えるが私は使用しない物」を出品するようにしました。

メルカリの出品の仕方

メルカリのいいところは、出品ページですべてが完結するというところです。

①まずはメルカリのアプリを開いて「出品ボタン」をおします。

メルカリ1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

←ここです。

 

②出品ページが開いて、そこで出品したい物の写真を撮影します。

メルカリ2

 

 

←ここです。

私は、このページで出品したい物が撮影できることにすごく感動しました!

私の知っているオークション出品はデジカメで撮ったものを取り込む必要があってそれがすごく手間に感じていたので、これだけでもかなりありがたい機能だと思いました。

 

 

 

 

 

 

③あとは必要な項目に従って入力していきけば出品完了です。

商品説明等は画像ではわからない情報(大きさや、使用感、状態など)を丁寧に記入しておくと、とても親切かと思います。

私が優れていると思ったメルカリの機能

1、出品カテゴリーをいくつかに絞ってくれる

オークション利用した方はご存知だと思いますが、オークションに出品されているものはカテゴリー分けされています。

女性ものの服なら「レディース>洋服>トップス>」といった感じですね。

出品するときに自分でこのカテゴリーを決めるのですが、

  • 出品したものがどのカテゴリーに入るのかよくわからないこと
  • 自分が出品した物のカテゴリーが見つからない
  • そもそもカテゴリーがない

などなど、カテゴリー決めにけっこう時間を取られてしまって意外とこの作業が面倒なんですよね。

メルカリだと出品時にカテゴリーのいくつかの候補を出してくれます。

メルカリ3

 

このページです。

これはマウスを出品したと仮定したときに出てきたカテゴリーです。

商品名や商品説明欄に「マウス」とあるので、口臭防止やキャラクター(あの〇ッ〇ーマウス)という可能性もあって、カテゴリー候補が出てきてます。

ここまでカテゴリーを絞ってもらえるとカテゴリー選択がかなりしやすいですよね。

 

 

 

 

 

2、匿名性でプライバシーが保たれる&伝票を書かなくてよい

ネットオークションで一番気にかかるのが「見知らぬ相手に住所が分かってしまうということ」です。

まだYオークションが出たころは取引時にお互いの住所や電話番号を教えあっていましたが、今思えばけっこう怖いことだなと思います。

特に女性の一人暮らしの方は見知らぬ相手に住所を教えるなんて今の時代は絶対に避けたほうがいいですしね。

メルカリでは発送方法に「らくらくメルカリ便」を選ぶと匿名で送ることが可能になります。

ファミリマートやヤマトの発送窓口でQRコードを機械に読み込むとバーコードが出てくるので、あとは商品とバーコードを持ってレジカウンターに行くだけ。

そこでもちょっと作業はありますが、こっちも相手もお互いに住所を教えあうことは一切なく発送が可能です。

詳しくはこちら。私はファミリーマートから発送しているのでそのやり方を載せておきます。

※らくらくメルカリ便を選んでも1000円未満だとらくらくメルカリ便(宅急便)は選べず、伝票を書いて発送する宅急便になってしまいます。その際は相手の住所を聞く必要があるのでお気を付けください。

3、商品相場がわかる

いざ出品をしようと思ったときに結構悩むのはいくらくらいの値段をつけるかというところかと思います。

せっかく売るならいい値段で売りたい、でも高くつけすぎて売れないのも困る。

そんな時に便利なのが、メルカリが商品の相場の金額を出してくれるというところです。

メルカリ4

これも上の画面から引き続きマウスを出品して金額設定をするところですが、中央の緑のラインに「売れやすい価格¥300~¥1300」と書いてあります。

これを見れば値段を決めやすいですね。

もちろん、もっと高く売りたいという時は自分が決めた金額を入力することもできますよ。

 

 

 

 

 

 

Sponsored Link

売れやすいポイント

私が何点か出品した中で感じた売れやすくなるポイントをお伝えます。

1、送料は出品者負担

Yオークションの時もそうでしたが、意外に手間になるものの一つに「商品発送の送料」がありました。

当時は送料は落札者負担が多く落札者の住んでいる地域まで送料を計算して、落札料金に上乗せして入金していましたが、この送料を調べることも手間になってしまっていました。

メルカリでは「らくらくメルカリ便」を選ぶと、送料はサイズにもよりますが一律になるので「このサイズなら送料はこの金額だな」と目安になります。

その金額を商品価格に入れておけば送料を落札者負担にすることができますし、送料を調べる必要がない分、落札後にすぐに発送することができるので手早い取引が可能になります。

2、商品の詳細はコメントや写真でくわしく載せる

ネットオークションのデメリットは「商品を直接見られない」ことです。

ですので、商品の写真はいろんな角度から撮ったり、コメントでもそのサイズや使用感を伝えましょう。

その際に絶対に必要な情報は「傷がどうあるかどうか」です。

「新品と書いてあるからと思って落札したら、実際には傷があった」というのは落札した側からしたらかなりショックですよね。

ですので、商品の写真を正面だけでなく裏から撮ったり、傷の部分はアップにして撮るなど状態を詳しく伝えるようにすると落札される可能性が上がります。

3、あまり欲張らない

出品していくとついつい売り上げを気にしてしまいますが、買った時の金額が¥1000だったからといって¥2000で出品したとしても欲張った値段付けをすると売れなくなります。

もともとは「捨てるつもりの物」を出品しているわけですから、相場通りで送料で損しない程度の金額がいいかと思います。

オークション出品自体が断捨離の一つの方法ですからね。

 

いかがでしたか?

今回は出品に限って記事にしましたが、次回は落札側になったときの話をしたいと思います。

ブロトピ:今日のブログ更新ブロトピ:更新したらブロトピに投稿しよう♪ブロトピ:アクセスアップのお手伝い!ブロサーあんてなにあなたも入会してみないか!


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

down

コメントする




CAPTCHA


Powered by RSSリスティング

記事を書いてる人

こーちゃ

こーちゃ

おひとりさまライフを充実させるべく、日々奮闘中。 現在、「おもしろおかしく、自分自身を楽しむ」に夢中です。



カテゴリー

スポンサードリンク