おひとりさまBLOG

決断したことを実行するためのたった一つのコツ

time 2017/02/19

決断したことを実行するためのたった一つのコツ

2017年が始まって既に1ヵ月半が過ぎました。

年度末はイベント毎が続くので、時間があっという間に経ってしまいますね。

先日は目標の達成するコツをお話ししましたが、今回は決断したことを実行するコツをお話しします。

sponsored link

「決断」は行うことを決めるだけではない

先日は目標を達成するための記事を書きました。

関連記事

上記の記事では目標を達成するための目的を考えることとしています。

例)目標:ダイエット-10kg

  目的:夏に水着を着るため

      可愛い服を着るため

      もてたいから

などなど。

目的の数が多ければ多いほど目標を達成する原動力になります。

しかし、目的をいくら多く出しても、達成できない時があります。

人間とは自分に甘い生き物なのでついつい楽をしたがってしまいます。

  • 運動になるとわかっていてもエスカレーターと階段なら、エスカレーターを選びます
  • 料理は手間がかかるものが良いとわかっていても、手を抜いてしまいます
  • お金があれば電車とタクシーならタクシーを選びたくなります
  • 誰かが変わりに仕事をしてくれるなら、自分の仕事でも他人に任せてしまいます

などなど、してしまいがちではないでしょうか。

上記のダイエットの例でも、「痩せたいけど、お菓子は食べたい」となってしまうときがあります。

それは「お菓子を食べない決断」ができてないのです。

「決断」とは「決めて断つ」と書きます。

目標達成すると決めたらその障害になるものを断つということです。

Sponsored Link

目標設定のために障害になるものは何なのか考えて断つ

今までに「目標・目的・決断」の3つを書きました。

  • 目標:達成したい状態
  • 目的:目標を達成したらなりたい状態
  • 決断:目標を達成すると決め、その目標の障害を断つ

何か達成したいものがあるのなら、この3つを深彫りして明確にしましょう。

現代は娯楽が溢れているので、身の回りにテレビやマンガ、スマホ、インターネットなど誘惑が多いです。

なにか資格を取るために勉強をしようとしても、これらを断つと決めないとなかなか誘惑に勝てません。

具体的には、

「家で資格の勉強したいんだけど、ついついテレビ見ちゃうんだよね~」と、友達と会話をすることがあるかと思いますが、この「ついつい」のあとに出てきたものを断つのです。

 

お金を貯めると決めたのなら断つものはたくさんあります。

  • 買い物に行かない
  • 飲み会に誘われても行かない
  • 衝動買いをしない

などなど。

会社の飲み会はなかなか断りづらいところではありますが、飲み会に参加する明確な目標などがなければ自分が決めたことを貫きとおした方がいいと思います。

時間と言うのは取り戻せませんから、同じ2時間でも飲み会ではしゃぐ2時間にお金を出すのか、2時間他の事をして過ごした方がいいのかも常に考えておくと、とっさに断る口実を伝えやすくなるかもしれません。

 

いかがでしたか?

「今年こそはこうする!」と決めて「なぜ、これをするのか」と目的を考えたら、次に目標達成の障害になるものを断ってみましょう。

目標達成の一番の近道は「自分で決めたことをブラさない」ことですよ。

ブロトピ:今日のブログ更新ブロトピ:更新したらブロトピに投稿しよう♪ブロトピ:アクセスアップのお手伝い!ブロサーあんてなにあなたも入会してみないか!


 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

sponsored link

down

コメントする




CAPTCHA


Powered by RSSリスティング

記事を書いてる人

こーちゃ

こーちゃ

おひとりさまライフを充実させるべく、日々奮闘中。 現在、「おもしろおかしく、自分自身を楽しむ」に夢中です。



カテゴリー

スポンサードリンク