おひとりさまBLOG

全ての人に好かれることは出来ない

time 2016/11/16

全ての人に好かれることは出来ない

生きてると悩みに上がってくるのが人間関係です。

友達関係なら連絡を取らないとか会わないという方法も選べますが、

会社や学校などになると自分の力だけではどうすることも出来ないことが多いですよね。

そんな時の考え方をお話しします。

sponsored link

他人の好感度を調べてみる

もし仮にあなたに人に好かれる人生と嫌われる人生、どちらがいいかと尋ねたらあなたはどっちを選びますか?

大体の人は好かれることを選ぶでしょう。人に好かれた方が気分がいいですし、嫌われることは気分が悪いですよね。

実際に人に嫌われたくないと、嫌われることを気にして人の機嫌を伺ってしまう人もいると思います。

ですが、現実を言うと人間は全ての人に好かれる事は出来ません。

関連記事 上手く行かない日を前向きに過ごすほう方

こちらの記事で話しましたが、この世の中には2:6:2という法則があり、

2割の仲のいい人、6割のただの同僚・クラスメート、2割の仲の悪い人で人間関係は構成されてしまいます。

ですので、2割の仲の良い人、6割のただの同僚・クラスメートと仲良くした方が精神的にも気楽ですよね。

 

ですが、そうとは分かっていても人から嫌われるということを受け入れるのって難しいものです。

そういう時は、あなた以外の誰かの好感度を調べてみましょう。

クラスの人気者でもいいですし、ただの会社の同期でもいいです。

その人の好感度はいったいどうなのか調べてみると、いい評判も聞けるし悪い評判も聞けると思います。

日本人は誰かと同じだと安心する生き物なので、人の悪い評判を聞くと「ああ、嫌われているのは自分だけじゃないんだな」と安心できると思います。

 

もっと安心したいなら芸能人の好感度を調べてみるのもいいと思います。

例えば、マツコ・デラックスの評判はどうでしょうか。

「意見をズバズバ言っていて好き」と言う人もいれば、「ただ自分勝手なこと言ってうるさいから嫌い」と言う人もいますね。

どちらもマツコ・デラックスが「よく発言する人」ということは認識しているが、その取り方が人によってまったく違います。

Sponsored Link

好感度を調べるということなら人でなくても、例えば音楽でもいいですね。

ロックが好きな人もいれば、ロックみたいなうるさい曲は嫌いと言う人もいますし、クラッシックが静かで好きと言う人もいれば退屈と言う人もいます。

このように、人ではなく一つの事柄に対しても好きな人、嫌いな人がいるので、全ての人に好かれることはできません。

ましてマツコ・デラックスの評判のように、発言という1つの行動を友好的に捉える人もいれば、嫌悪感を示す人もいるとなると、ますます全ての人に好かれる手段はありません。

 

ちなみに私は江頭2時50分が好きなのですが、評判を調べなくても「気持ち悪い」とか「何が面白いのか分からない」という意見が出てくるのでは思います。

ですが、その悪い評判に媚びて人に好かれようとした芸人になってしまったら私はファンを辞めると思います。

江頭2時50分が気持ち悪がる女性観客にキレる姿がまた面白いので、このままのキャラを貫き通して欲しいと思っています(笑)

いかがでしたか?

全ての人に好かれるということに努力しているとキリがありませんが、嫌われることが怖いのなら他の人を参考にしてみてください。

どんな人でも、全ての人に好かれるという人はいませんのでご安心下さいね

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

down

コメントする




CAPTCHA


Powered by RSSリスティング

記事を書いてる人

こーちゃ

こーちゃ

おひとりさまライフを充実させるべく、日々奮闘中。 現在、「おもしろおかしく、自分自身を楽しむ」に夢中です。



カテゴリー

スポンサードリンク