おひとりさまBLOG

夢をかなえる優先順位の決め方

time 2016/11/15

夢をかなえる優先順位の決め方

あなたは今の生き方と比べて

「こういう生き方をしてみたい」とか、

「こうなりたい」とか、

「この願いが叶うといいな」と夢を思い描いたことはありませんか?

では、なぜその夢が叶わないのでしょうか。

それは日々の行動の優先順位にあったのです。

sponsored link

夢が叶う行動順位

私たちは毎日、生きるために働いています。

働いてお金を稼がないと衣食住がなくなって死んでしまいますからね。

もちろん、生きていく中で働くことはとても重要です。

ですが、7つの習慣という本でスティーブン・R・コディーは重要視するところを変えるだけで未来は大きく変化すると話しています。

人間の行動は4つの領域に分けられます。

第一領域:急いでやらないといけないこと(緊急度高 重要度高)

  • 怪我や病気で病院に行く
  • 締め切りが迫った事柄    など

第二領域:重要だが緊急度が低いこと(重要度高 緊急度低)

  • 趣味の時間
  • 人間関係構築
  • 語学勉強   など

第三領域:緊急度が高いが重要度が低いこと(重要度低 緊急度高)

  • 会社の意味のない会議
  • 急ぎでは無いメールや電話
  • 無意味な飲み会        など

第四領域:急ぎでもなんでもないこと(重要度低 緊急度低)

  • 暇つぶしのゲーム
  • ボーっと見るテレビ  など

Sponsored Link

この4つの領域の中で一番、優先順位が高いのが第一領域です。

突発的な怪我や病気はすぐに対処しないと命に関わるかもしれませんしね。

問題は、優先順位2番目にどの領域をもってくるかなんです。

多くの人は第三領域を優先順位2番目に入れてしまっています。会社の会議や飲み会は誘われれば断れない人も多いでしょう。

ですが、夢をかなえるためには第二領域を優先順位2位に持ってくることを7つの習慣を伝えています。

緊急度が低いが重要度が高いものこそ、自分の夢ややりたいことがつまった領域なんですね。

ちなみに7つの習慣では、各領域を石に例えています。

1つの容器の中にまず、第一領域の石が入り、次に第三領域の石が入ったら、残った隙間に第2領域の石を入れるしかありません。

しかし、容器に第一領域、第二領域の石を先に入れれば、第三領域の石よりも多くの第二領域の石を入れることが出来ます。

こんな理屈で、自分のやる事の優先順位に第二領域を持ってきます。

実際には仕事をしているとなかなか第二領域の優先順位を上げることは難しいでしょうから、1日単位ではなく、1週間や1カ月のなかで第二領域の優先順位が高い日を作りましょう。

習い事や趣味の時間を行える日を数日作るだけでも、夢にかなり近づいていけますよ。

 

いかがでしたか?

自分の夢に向って優先順位がなんなのか分かれば、行動しやすいですよね。

もし、今の自分がやっていることに疑問が湧いたら領域の優先順位付けをしてみてくださいね。

ブロトピ:今日のブログ更新ブロトピ:更新したらブロトピに投稿しよう♪ブロトピ:アクセスアップのお手伝い!ブロサーあんてなにあなたも入会してみないか!


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

down

コメントする




CAPTCHA


Powered by RSSリスティング

記事を書いてる人

こーちゃ

こーちゃ

おひとりさまライフを充実させるべく、日々奮闘中。 現在、「おもしろおかしく、自分自身を楽しむ」に夢中です。



カテゴリー

スポンサードリンク