おひとりさまBLOG

伊右衛門スパークリングドライをお試し

time 2016/11/06

伊右衛門スパークリングドライをお試し


コンビニにいくと必ず新商品を試してしまう私です。

今回は、コンビニで新商品「サントリー 伊右衛門 スパークリングドライ 無糖炭酸 with ゆず」を発見したので早速試して見ました。

その感想を書きたいと思います。

sponsored link

伊右衛門スパークリングドライをお試し

伊右衛門 スパークリングドライの話しをする前にまずは、サントリーから販売されている伊右衛門の紹介から。

伊右衛門は本木雅弘と宮沢りえが共演しているCMでお馴染みの緑茶飲料ですね。

何度見ても美男美女カップルで見とれてしまうCMです。

商品のビジュアルはこちら↓。

自動販売機やコンビニでお茶を買うときに伊右衛門を手に取る人も多いのではないでしょうか。

その炭酸ヴァージョンとして伊右衛門 スパークリングドライが販売されました。

ビジュアルはこちら↓。

サントリー 緑茶 伊右衛門 スパークリングドライ 無糖炭酸 with ゆず 490ml ペットボトル×12本

コンビニでこのパッケージを見たときは「お茶と炭酸って合うの?」という疑問が湧きましたが、お茶と炭酸が合うか合わないかは自分自身で試して見ないとわかりません。

ブログでも「信じるな、疑うな、確かめろ」と書いていますので、お茶と炭酸が合うか確かめて見ることにしました。

そして実際に飲んでみましたが、

正直言ってお茶と炭酸が合うかは微妙です・・・。

これが口コミブログでしたら「美味しいよ!みんなも飲んで見て!」と言いたいところですが、

このブログはあくまでも私が自己投資としていろいろと体験したことを紹介するブログなので、いいことも悪いことも正直に書くことにします。

Sponsored Link

1.お茶と炭酸は別々でよい

私はペットボトルのお茶も飲みますし、ペットボトルの炭酸水も飲みます。

とくに炭酸水は無糖が好きなので、この伊右衛門 スパークリングドライも無糖なのは「いいな」と思った一つのポイントでした。

ですが、お茶と炭酸水は飲むなら別々でもよいと思ってしまいました。

やはり日本人としてお茶はお茶のまま楽しむのが一番なのかもしれないですね。

2.ゆずもいらなかった

ダメ出しばかりで申し訳ないのですが、この伊右衛門 スパークリングドライにはゆずが入っているのですが、私はゆずもいらないと思いました。

柑橘系は好きなのですが、やはりお茶はお茶、ゆずはゆずで味わった方がいいと思います。

伊右衛門のお茶の美味しさがゆずで消されてしまっているような気がします。

3.新しいことへの挑戦を感じます

この伊右衛門 スパークリングドライ自体にはよい感想を得る事は出来ませんでしたが、新しいことへの挑戦を感じました。

商品会議ではどんなやりとりがあって、生まれた商品かは私には分かりません。

でも、正解の定義がない時代、何がどうヒットするかはやってみないと結果は出ません。

「お茶はお茶、炭酸は炭酸がよい」と言っているのも私だけで、他の方は「美味しかった!」と絶賛している可能性もありますしね。

4.この失敗から得られたこともある

この伊右衛門 スパークリングドライがダメだったからと言って「これ美味しくなかったー!騙された!金返せ!」で終わるのではなく、「では何と何が合わさればよいのだろう」とか「私は合わなかったけど、誰向けの商品なんだろう」と考えさせられました。

もし仮に伊右衛門 スパークリングドライが合うシチュエーションを考えるとするなら

スパークリングは高級感があるし、冠婚葬祭などの場で車の運転があるためお酒が飲めない人向け

と思います。

この思考の仕方が、自分自身なにかに失敗した時「ではどうすればよかったんだろう。次はどうしよう」というモードに入れると思いました。

 

いかがでしたか?

単純に伊右衛門 スパークリングドライの紹介ではなく、最後は思考の話しになってしまいましたが、

食べたものでも「美味しい!」「まずい!」で終わるのではなく、「なぜ美味しいのか」「なぜまずいのか」を考えると、普段から思考のトレーニングになるかも知れませんね。

ブロトピ:今日のブログ更新ブロトピ:更新したらブロトピに投稿しよう♪


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

down

コメントする




CAPTCHA


Powered by RSSリスティング

記事を書いてる人

こーちゃ

こーちゃ

おひとりさまライフを充実させるべく、日々奮闘中。 現在、「おもしろおかしく、自分自身を楽しむ」に夢中です。



カテゴリー

スポンサードリンク