おひとりさまBLOG

「やったもの勝ち」の世の中である

time 2016/10/30

「やったもの勝ち」の世の中である

「何かを始めたい」

「自分を変えたい」

「新しい生活をしたい」

こう思いながらもなかなか新しいことを始める踏ん切りがつかないことってありますよね。

そう思っている方へ、背中を押すお話しをしたいと思います。

sponsored link

この世の中は「やったもの勝ち」

この世の中「やったもの勝ち」なんです。

なぜなら皆、新しいことをすることに躊躇してまうからです。

成績、スキル、能力は関係ありません。成功に関係するのは「行動すること」です。

宝くじで1億円当たったら・・・という想像はするけど、宝くじを買わなかったら1億円を当てるチャンスすら手に入りません。

素敵な異性と知り合って素敵な結婚をしたいと妄想はするけど、出かけなかったら異性と知り合えるわけがありません。

結局はその結果を手に入れるための行動を起こす必要があるのです。

でも、誰しも新しいことを始めることは不安になります。

「成功するだろうか・・・」

「失敗しないだろうか・・・」

「自分が決めたことが間違いじゃないだろうか・・・」

「これで生活していけるのだろうか・・・」

特に進学、就職、結婚など人生を大きく変える時はこれでいいのか悩みますね。

私も離婚する時「本当に離婚して、1人で生きていけることができるのだろうか」とすごく悩みました。

でも、離婚というアクションを起こした結果、今は1人ですごくノビノビと何にも縛られることなく生活できて、離婚して良かったとさえ思えるようになりました。もっともっと早く離婚してこの生活を手に入れておけば良かったとさえ思います。

離婚前にいろいろ悩んで考え込んでいましたが、こんな結果になるなんてまったく想像していませんでした。

Sponsored Link

でも「行動を起こせ」と言われると、行動事態が義務化みたいな感じがして、なかなか行動できないかも知れませんね。

そう言うとき私は

「やったもの勝ち」

と思うことにしています。

誰と争っているとかないのですが、「やったもの勝ち」と思うとなんとなく得したような気がするんです。

「他の人よりも早くこれに気が付いて実行してやったぜ、ヘヘ」みたいなちょっとずる賢く勝ったと言う気分ですかね。

「勝つ」という言葉もいいんだと思います。人間、勝敗がかかったものはやっぱり勝ちたい生き物なので。

 

ところでお笑い芸人の諸見里さんはご存知ですか?

滑舌悪い芸人でお馴染みの人ですね。

どれくらい悪いかと言うと音声認識ソフトでまったく聞きとってもらえないくらいです。

見ているほうもスーパーがないと聞き取れないところもありますが、それがまた面白いんですよね!

今や滑舌悪い芸人として有名になって人気もある諸見里さんですが、

お笑い芸人は喋りが重要なのに、よく諸見里さんはお笑い芸人になったと思いませんか?

それは諸見里さんがお笑い芸人になる!という行動を起こしたからですよね。

滑舌が悪いのに行動起こしちゃった、まさに「やったもの勝ち」をした人の1人だと思います。

 

もちろん、「こうする!」「こうなる!」とビジョンをはっきりしてその道に向って進んでいければそれが良いかと思います。

ですが、ビジョンが見えなくても「とりあえずスタート切ってみる」というのも大事かもしれませんね。

スタート切っちゃえば、スタートを切れずにウダウダしてる人よりも少なくとも一歩リードしたわけですし、新しい生活を始めるということは、先の見えない道を進んでいく必要がありますが、歩き出してみたら道が見えてくると言うこともありと思います。

「迷ったら行動。やったもの勝ち」

もし、あなたが行動起こそうが迷った時に、この言葉で自分の背中を押してみませんか?

ブロトピ:今日のブログ更新ブロトピ:更新したらブロトピに投稿しよう♪


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

sponsored link

コメント

  • そのとおりですよね!
    でもなかなか、実際にやれないのが普通の人。

    こーちゃさんは、本当にやっちゃうところが説得力あります!

    by 大福もなか €2016-10-31 23:43

down

コメントする




CAPTCHA


Powered by RSSリスティング

記事を書いてる人

こーちゃ

こーちゃ

おひとりさまライフを充実させるべく、日々奮闘中。 現在、「おもしろおかしく、自分自身を楽しむ」に夢中です。



カテゴリー

スポンサードリンク