おひとりさまBLOG

物を捨てるだけが断捨離じゃない!「出費の断捨離」

time 2016/05/10

物を捨てるだけが断捨離じゃない!「出費の断捨離」

自己投資を行っていくと、お金のことが課題になります。

投資ですから未来の自分に返ってくるものがきっとあるはずです。

だからといって今日生きてくためのお金まで使ったり、収入以上のお金を毎月自己投資に注ぎ込んでも、投資したものが戻ってくる前に生活が出来なくなってしまっては元も子もありません

 

sponsored link

自己投資を始めたら出費を見直そう

自己投資を始めると自分の生活に必要な物とそうでないものの区別が付くようになります。

②自己投資力の育て方「自分と会話をしよう!」でも書きましたが、自分と会話をして本当に必要な物だけを欲しいと思うようになるからです。

では、次に自分が常にお金を何に払っているか書き出してみましょう。

家賃、光熱費、食費、交際費、交通費、通信費、衣類などの雑費などに分類できると思います。

私は「一度も家計簿を付けたことのない私が3年続いてるエクセル家計簿!」で紹介したエクセル家計簿を用いて、いったい何の出費が多いのか毎月振り返っています。

そして「これは毎月の支払が定期的にあるがそれにしては高い」と自分の感覚で感じたものから、解決策を練ることにしました。

①通信費

スマホ代約7500円+家のインターネット代3000円=10500円程かかっていました。

ですが、インターネットやスマホは手放すことができないので、どうにか金額を下げられないものかと調べました。

まずスマホ代7500円のうち4500円はLTE使用料、家のインターネット代3000円かかっていたので、この二つを解約して楽天クーポンで買えるWIMAX2+を月2000円で契約しました。

さらに、携帯電話プランを基本料金のみの一番格安のプラン1000円のものに変更。

これでインターネット代2000円+スマホ代1000円=3000円と、通信費を落とすことが出来ました。

②衣類などの雑費

買い物は楽しいものですが、でもいざ買った服をしまおうとしたときに「あれ、同じような服持ってる」と気づくなんてこと、私を含めて多くの女性が体験していると思います。

でも、これって無駄な出費じゃないかと思ったんですよね。

なので、私は自分の買い物のパターンから手に取る物は好みの服が多いと分析したので、まず自分の好みの服をしっかりと把握することにしました。

そして、タンスの中にはどんな服が入ってるか、靴箱にはどんな靴が入っているのか随時チェックするようにしています。

そうすると、買い物中この服いいなと思ったものがあっても、自分のタンスの中に同じような服や靴があると分かっていれば購入しないで済むからです。

すでに持っているものと同じような服が欲しくなるんだなと分かってくると衝動買いもせず、落ち着いて買い物が出来るようになります

 

③交際費

人との付き合いとお金を天秤にかけるのは可笑しな話しだと思いましたが、一ヶ月に数度、知り合いとご飯に行くだけでも2~3万の出費になると思ったので、これを機会に人との付き合い方に目を向けることにしました。

損得勘定で人と付き合うのも嫌でしたが、人と会うことで時間も取られますし、私自身が人との付き合い方をそういう目線で考えてしまっていると言うこと自体、人との付き合いを考えるときなのかと思ったんです。

なので、「交際費の断捨離」というくくりではなく、「人間関係の見直し」に近い項目なのかもしれません。

ですので自分としっかり会話をした時に、ただ会ってダラダラと話すだけの人間関係の必要性が出てこなかったので断捨離することにしました。


以上が私が行った出費の断捨離です。

他にも自分の生活を見返すと断捨離できる出費があると思います。

まずは家計簿などをつけて自分が何に出費しているかを知り、なんのために払っているかを考えて、それをすっぱりと切り捨てるか、それとも私の通信費のように別の物に置き換えて継続するのかは、あなた自身で話し合って決めると良いと思います。


人気ブログランキングへ


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

down

コメントする




CAPTCHA


Powered by RSSリスティング

記事を書いてる人

こーちゃ

こーちゃ

おひとりさまライフを充実させるべく、日々奮闘中。 現在、「おもしろおかしく、自分自身を楽しむ」に夢中です。



カテゴリー

スポンサードリンク